今ある環境に感謝🌱✨

先日の3.11は、生徒と一緒に黙祷をしながら被災地の方々へのご冥福を心からお祈りしました。

今、こうして音楽できていることは当たり前でないんだと思うと涙と同時に感謝の気持ちが溢れ、亡くなられた人々の分まで今を精一杯生きたいという気持ちが湧き上がりました。

あと残り8日となった学会発表では、ショパンの人生で最後のポロネーズを演奏します。この曲はショパンの最高傑作のひとつと言われており、今回はバロックとポロネーズという難しいテーマを扱って臨みます。

論文も書き上げ、残るは演奏。

この時期は、ナショナルエディションのエキエル版、パデレフスキ版、その他の数々のエディションを見て最終チェック。昨年、国内一の資料を持つ母校の図書館で手に入れたショパンの自筆譜。それぞれ全く表情が違い、当時のショパンの苦悩など様々なメッセージが読み取れて大変興味深いです。

「先生、いつもありがとうございます。」と、

私の可愛い生徒たちから頂いた沢山の想いの詰まったお菓子に癒されながら、残りあと1週間、いよいよラストスパートです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL