6月の本番終了✨🍀

先日、茨城県取手のウェルネスプラザで本番がありました。

今回は3月の学会発表で演奏したショパンの幻想ポロネーズを、一旦寝かせてもう一度本番に出しました。

やはり一度寝かせると曲に深みが増してきます。

この曲はショパンの最高傑作と言われいるだけ、数ヶ月練習しただけではまだまだ浅過ぎてしまいます。

ワインのように時間をかけてゆっくりと熟成させていく必要があります。

私はこの曲が大好きになりました。

そして、生涯かけて弾き続けていきたい曲のひとつになりました。

これからどんどん本番を踏んで、ゆっくりと熟成させながら私の揺るぎないレパートリーにしていきたいです。

生徒のみなさまも、生涯弾き続けていきたいくらい大好きな曲にいつか出逢ってほしいです。

是非、小さな頃からピアノだけでなく色々な楽器や編成の曲をたくさん聴いて、たくさん演奏会へ足を運んでください。

本物の音楽に触れて下さい。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL