バッハ再考2018を振り返って Part2

バッハ再考2018、最終日までの本番が3日続きました。

鍵盤コンサートの本番が終わり、学会でお世話になってる先生方と。

演奏したのはピアノでしたがオルガニスト風でパチリ。

今年は、ユアン・シェン先生、ヤープ・テル・リンデン先生の各講座でサラバンドを取り上げてくださり、恐れ多かったのですが、自分の勉強のために昨夜のコンサートではバッハのパルティータ第1番からサラバンドにチャレンジしました。

コンサート第2弾、室内楽でバッハのヴァイオリンソナタBWV1017を演奏しました。この曲の第3楽章もなんとサラバンドでした。

室内楽の様子は次回の投稿で。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL