専門家のための音楽サロンvol.1を開催しました💕✨

今日は、20世紀の巨匠、コンラート・ハンゼンやラヴェルの弟子ヴラド・ペルルミュテールに師事されていたピアニストの牧野縝先生をお招きし、専門家のための音楽サロンvol.1を開催しました。

牧野先生は愛知県立芸術大学、洗足学園大学で教授をされ、マンハイム音楽大学、東京藝術大学でも教鞭を取られていました。

ベルリンフィル&フルトベングラー指揮、コンラート・ハンゼン(ピアノ)によるベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番を題材に、牧野先生から当時のコンラート・ハンゼンの秘話から始まり、ヨーロッパと日本のコンクールや音楽教育の違い…そして最後はロシアの芸術文化の話へとお話は尽きずあっという間の5時間。

当時のコンラート・ハンゼンを知る牧野先生のお話はまるで宝石。ゲストでお越し頂いた指揮者やピアニストの友人知人の会話も、それぞれの専門的な視点でさらに素敵な相乗効果。

あぁ、いつまでも聞いていたい…。

私自身、何とも幸せな時間でした。

今日はお話に夢中で、お料理や手土産で頂いたセンスの光る数々のスイーツの写真を撮り忘れました。友人が撮ってくれた写真を辛うじて拡大できたのでホッ。

本日のお料理。

イチヂクと生ハムとモッツァレラのサラダをはちみつビネガードレッシングで。

低温でじっくり仕上げた自家製ハム。

ホワイトペッパーをしっかり効かせてアクセントに。

きのこのマリネ。

アボカシュリンプ。

ブロッコリーのアンチョビガーリック。

あとはお気に入りのパン屋さんで、焼きたてのバケットとカンパーニュを仕入れて、たっぷりフルーツ。

ゲストのみなさまからのセンスの光る手土産で、更にサロンに花を添えて頂きありがとうございました。

次回は、今日のお話の続きから。

さて、どんな場になるのでしょう。

ワクワク楽しみです💕

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL